Posted by at

2006年12月20日

メルマガ記事

【就職活動中にこれは自分が一番だろう!自分しかしていないはず!と思っていたこと】
[身軽さ]

就職活動生の中では、かなり「身軽」な状態でした。物理的な部分から身軽でした。よく、説明会や面接時の持ち物で「筆記用具」というのがありますが、これはペンを一本スーツのポケットに刺して対応してました。あとは携帯と財布。ちなみに財布の中身も身軽・・・
いわゆる「手ぶら」ってやつです
これは普段の大学生活の自分の姿でした。「企業側には自分をできるだけ装飾せずに伝えるべきだ。」そんな思いを持って就活してたら、そういう状態になったんですね。
周りの就活生からすると色々な面で「身軽」でした。それが良いか悪いかは別として。
【モチベーションを上げる秘訣】
まずは自分を知ること。自分がどんな時に、どんな場面で、気持ちが起伏するのかということを知っておくこと。また、モチベーションが上がるモノを知ること。音楽でも本でも、一行の言葉でもいいです。そして、自分がモチベーションが高いときの状態を覚えておくこと。当たり前ですけど、秘訣と言えばそんなとこです。
【ここだけは誰にも負けない】
「白ご飯」への思い ※大好きです
【就活におけるマル秘テクニック(情報・アイテム)】
テクニックというかなんというか、まずは、就活ってやり方なんて決まってないっていうことを知ることだと思います。大学入試とは違って、決まったやり方ってないですからね。「この会社いい!」って思ったら、社長捕まえて自己PR文みたいなものを作って自分を売込みに行ってもいい。
ぜひ、自分だけのマル秘テクニックを作ってみてください。
【就活とは?】
「結婚」
これは良く使われる表現ですが、うまく就活を現していると思います。何故か。それは、理想と現実のギャップが起こるという特徴。「こんなはずじゃなかった。」この言葉は結婚でも実際に一緒に生活してみると、就活でも実際に働いてみると出てくる言葉です。当然これは、事前にどれだけお互いがお互いのことを良く知っておくかで(良い部分も悪い部分も)解消されていきます。
また、相手の本当のよさを知るにも、仕事の本当の楽しさを知るにも、ある程度の我慢が必要だという部分も類似する特徴ではないかと思います。人にいい面、悪い面があるように、仕事にもいい面、悪い面があります。ただ、どっちも持ち合わせて存在意義があります。
【就活前・就活中・就活後の中で一番コレが大切だなと感じていたもの。】
「情熱」 
働きたい会社のことを良く知ること、そこに対して命一杯自分を伝えること、この行動に至るには、その仕事や会社に対する情熱が大切だと思います。これは自分が就活を終える頃に気づいたことです。

就活、命一杯楽しんでください。
  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2006年12月16日

CPアカデミー vol,1 「地域活性化の思い」

「地域活性化の思い」
日本各地から「地域を活性化したい」という「思い」を持って、CPアカデミーの受講生は集まっています。受講者はそれぞれの地域が抱える問題を解決すべく、アカデミーで学び、事業の立ち上げを行います。
第1回の講座テーマは「地域リサーチの基礎」
「その問題は本当に問題なのか?」ということを考えること。具体的にどんな点で、誰が困っているのかが明確になっているのかということ、それが、地域リサーチを始める際に必要なことだというのが、この講座での大きな学びでした。
いくら自分が「これは問題」と考えているものでも、地域にその問題意識がない、また、その問題に地域の人に共感してもらえないならば、事業化はできません。
自身が考える「問題」が、地域の人に共感してもらえる問題であるかどうかというのは、地域の人とどれだけコミュニケーションが取れているか、地域のことをどれだけ良く知っているかにかかってきます。
良く、ビジネスとは社会とのコミュニケーションといいますが、まさにその通りで、CPの行う事業とは、地域とのコミュニケーションだと思います。
どれだけ地域とコミュニケーションが取れるか、これがこれからの勝負どころです。  


Posted by KNブログ at 09:02Comments(0)