Posted by at

2006年08月16日

コミュニケーション力

先日スクール生の投稿にもコメントしましたが、仕事を始めて、コミュニケーションの大切さ・難しさを実感しています。コミュニケーションはどんな人も多かれ少なかれ子供の時からずっと行っています。普段あまりにも当然のように、無意識に行ってきたものだからこそ、社会に出て意識的にコミュニケーションを行うということが難しく感じられます。社会に出るとこれまでの学生生活とは違って、特に世代が大きく違う人たちとコミュニケーションを取る機会が多くなります。バックグラウンドが違うと、言葉の一つ一つの捉え方も変ってきます。そういった環境の中で、いかにお互いの意識のずれがなくコミュニケーションできるか。これが仕事の成果に直結していると思います。だからこそ、企業さんはコミュニケーション力の高い人材を欲するのだと思います。業界の専門的な技術力の差は会社に入ってからですが、コミュニケーション能力の差は、学生時代にでも十分出てくるからです。だから新卒採用でも採用基準になると思います。
一朝一夕では身につけられないからこそ、就職活動時期から意識して身につけていく必要があると思います。  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2006年08月08日

自己分析

これは持論です。
自己分析は、会社に入って最も役に立つものだと思っています。
なぜか・・・
今、自分ができること・できないことを明確に把握しておくことは、自分の現在地を知ること。=スタート地点
自分が将来どうなりたいかを明確にしておくこと、これは自分が到達するべき場所を知ること。=ゴール地点
スタート地点とゴール地点を知り、さらにそのゴール地点に行くプロセスを具体的にしておくということは、ゴールまでの最短距離を描くということ。
この、スタート・ゴール・そのプロセスを明確にしている人はかなり少ない。しかし逆を言うと、それを明確にしてそのプロセスを確実に進んでいる人は成功している人がほとんど。実は就職活動時にも、社会に出てから差をつける準備ができる。と、考えています。
でも、この自分を知るというとこが意外に難しい。特に自分の弱みを認めるということは、大の大人でもなかなか・・・
何歳にになっても、自分の弱みを認め、それを克服しようと努力している人はすごい人が多い。
  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)