Posted by at

2009年04月14日

反応と判断

原田です。


時間を過ごすことが選択の連続だと考えると、
その選択は大きく2つに分類できます。


周りからの影響に『反応』して選択すること、
自分自身で『判断』して選択すること。


「選択し続けている」という認識がないときは、だいたい『反応』していて、流されています。

「選択し続けている」という認識をしっかりともっている時は『判断』しています。
そして、『判断』している時は、「何を選択したか」と同時に「何を捨てたか」をしっかりと認識していて、こういった時は、主体的であり行動力があります。


この2つの違いを認識することができれば、
『反応』するか、『判断』するかを選択できます。  


Posted by KNブログ at 00:00Comments(0)