Posted by at

2007年11月29日

成功のコンセプト

原田です。

本日は以下の書評を書きたいと思います。
「成功のコンセプト」
著書:三木谷 浩史 氏


この本を読む目的は、急成長を実現している企業が大切にしていることを学び、今の自分と照らし合わせてみて、自身の改めるべき部分を探し、自分のできることから行動するきっかけを作ることです。


本書で学んだ、また、確認できた、最も大切なこと。


「成功している時こそ、自分を否定する勇気を持つ」


これは、それこそ自分が今行っている、この書評の投稿がその内の一つです。今の自分の考え方ややり方を否定する「勇気」を持つこと。

自身を否定するということは、現在の自分の弱い部分、悪い部分を認めるということ、これには大変な「勇気」が必要です。自分が社会人になってもっとも難しさを感じているのが、この部分です。

一方で、最もその効果を実感しているのも、この部分です。まずは、今の自分の現状を否定することから始め、そこから、どう現状を変えるかという視点で新たな取り組みを行うことで、成長の速度は著しく上がります。

何か新たなことに取り組むだけで、自分の現状に目を伏せていても、そこには本当の成長がないように感じます。むしろ、悪い方向にさえ進んでしまう場合があると思います。

どういうことかというと、自分の現状に目を伏せて、取り組み方だけを変えるということは、「現在の自分ができない理由」をやり方の悪さのせいだと責任転嫁する可能性があるからです。そして、この責任転換をし始めると、それはとめどなく続きます。やり方をどんなに変えたって、自分の在り方に目を向けないかぎりは、根本的な解決にならないからです。

ただ、逆に考えると、やり方を変える際には必ず、その変える前のやり方、つまり、現状の自分の在り方のどこに原因があったかということと向き合うようにすれば、それは大きな成長機会になります。



自身の否定は、「自分を良い方向に変えていきたい!」「成長したい!」という前向きな姿勢で行うことで、ポジティブな行動に変わります。


これを愚直に続けてきたことが、楽天の急成長の秘訣だと、本書では紹介されています。

前向きに自身を否定すること、自身の在り方を変えることは、何かを大きく変える一歩だと思います。


ニューヨークヤンキースの松井選手が好きなこの言葉も、その第一歩が、自身のあり方を変えることだと伝えている言葉ではないかとも思います。



心が変われば、行動が変わる
行動が変われば、習慣も変わる
習慣が変われば、人格も変わる
人格も変われば、運命も変わる  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2007年11月24日

なぜ、働くのか

原田です。
本日は以下の書評を書きたいと思います。
「なぜ、働くのか」
著者:田坂 広志 氏

この本を読む目的は、題名どおり、「なぜ、働くのか」を知るため、また、
そこから自身の仕事への姿勢を見直すためです。

本書では、3つの原点から自身の仕事を見つめることについて書かれています。


「死生観」「世界観」「歴史観」


「3つの視点」ではなく「3つの『原点』」です。


それぞれに考えせられる部分がありましたが、今回はその中で特に衝撃を受けた「死生観」に関して書こうと思います。

「死生観」から仕事を見つめなおす
⇒仕事というものを「生死」という深みにおいて観る


突然ですが、自分は昨年の3月に大学を卒業し、社会人になりました。社会人になって初めて、「学生」という時代の時間の価値を理解できました。4年という期間は本当に短く、有限だということを本当の意味で理解できたと思います。

本書では、「優れた仕事を成し遂げるためには、『生死』の体験を持たなければならない。その極限の体験を通じて、決して揺らぐことのない『覚悟』と『思想』を身につけなければならない。」という記載があります。

これが今の自分に決定的に欠けています。

「死」というものを体で感じて、実感することで、「生」の『有限性』を強く意識し、その有限の時間で何を成すかという『思想』とそれを必ず成すという『覚悟』を身につける。

上記の、学生から社会人になったときに感じたことと大体の部分で類似しますが、しかし、大きく違うのは「死」の後には何も存在しないということ。次はありません。
「今、本当に自分の人生を生きているという実感はあるか?」と自分自身に問いかけてみて、「ある」とは答えられない。これが、今の自分の現状。

一刻も早く、自信を持って上記の問いに「ある」と答えられるように努力したいと思います。ただ、この努力は、「生死」の体験をしますということではありません。それに代わる体験の仕方を本書では紹介しています。
「今、この本に出会えて、本当によかった。」
心からそう思える1冊でした。

田坂さんの本はたくさんの人が読まれているので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、まだ知らない人はぜひ一度読んでみてください。


そして、自分は読んで感じるだけで終わるのではなく、それを日々の行動に活かしていきたいと思います。  


Posted by KNブログ at 09:08Comments(0)

2007年11月24日

仕事のムダを発見!

原田です。


今週の書評として公開したブログで書いたことが、早速役に立ったので、今日はその紹介をしたいと思います。


『仕事のムダを発見!』

自分は毎朝、30分~40分くらいかけて社内の掃除をしています。掃除は、雑巾がけ、掃除機、ごみ捨て・・・といろいろと項目があるのですが、今回はその内の掃除機をかける中でのこと。

掃除機は毎日社内全体をかけるのですが、社内全体をかけきるのには、これまで4箇所のコンセントをそれぞれつけかえながら周っていました。ただ、4箇所の周り方には、特段意味はありませんでした。

そこで今回、周り方を考え直してみたんです。すると、実は4箇所使っていたコンセントが、2箇所で済むことがわかりました。

コンセントのつけかえには、当然時間がかかります。1箇所のつけかえで約10秒ほどです。それが2箇所に減った。つまり、20秒の短縮ができるようになりました。

そう、1日の内のたった20秒の短縮。

しかしながら、これを一年続けると考えると、結構な時間になるんです。

自分は毎週5日間掃除をします。月に換算すると20日。これが年間になると240日間です。240日間の毎日20秒間の短縮。計算すると、

240日×20秒=4800秒

4800秒÷60秒=80分

そう。年間に換算すると80分もの時間になります。

このままの掃除を続けていれば、自分は年間で80分もの時間を、コンセントのつけかえの時間にあててしまうことになっていた。なんとムダな時間・・・

80分もあれば、文字量の少ないを本1冊読めます。


これが今回の発見。


他にもまだまだムダな時間があるんじゃないか?という不安と期待がわく体験でした。


ぜひ皆さんも、探してみてください。自分の普段行っている作業のムダ。意外と楽しくできるものです。  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2007年11月22日

御社の営業がダメな理由

原田です。

本日は以下の書評を書きたいと思います。
「御社の営業がダメな理由」
著書:藤本 篤志 氏


この本を読む目的は、自身の営業活動を客観的な視点から見直すためです。


本書では、営業手法というよりも、営業管理の手法に関して書かれています。営業を定量的に管理していくために必要な視点や手法です。


自身が管理者の立場に立ったつもりで、自分という営業マンを管理するという視点で読み進めました。具体的な手法に関しては、本書をぜひ読んでみてください。


自分が本書を読んで学んだ、または再確認できた大切なことは、以下の2点です。

1、自分を管理する目を持つ
2、頭を整理する時は、定量化する


1、自分を管理する目を持つ 
⇒これはよく言われることですが、本書を読み、一営業マンの自分を管理者の立場に立って見直したことで、その必要性を再確認しました。営業の現場に限らず、仕事の現場全般でそうですが、その時その時の仕事は、自身の能力や体力や集中力、そのとき持っている情報や経験などを踏まえて、自分なりに最善のアクションをとっています。

例えば、ある情報を持っていても、それを活用する能力や経験がなければ、能力や経験に見合ったアクションをとる。情報、能力、経験があったとしても、その時の体力や集中力が十分でなければ、それに見合ったアクションをとります。

つまり、何もしないという選択(さぼる)をしない限りは、自分なりに最善のアクションを行っています。その「自分なり」が、周りの求めている期待に見合っているのか、また、周りの求めている期待を凌駕するために立てた目標に見合っているのか、ということを検証していかなければなりません。
自分の持っている情報、能力、経験が古くなっていないか、体力や集中力などが退化していないか、また、今の自分の環境に合っているか、と。

そのためにいつも、自分を管理する目を持っておく。当たり前ですが、大事なことだと思います。

2、頭を整理する時は、定量化する
⇒これもよく言われることではありますが、営業のような定性的なものを定量的にみることで尚一層その効果がわかります。定性的だと非常に曖昧で、何が良いか、何が悪いかも区別がつかなかったものが、定量的に見直すことで、良い部分、悪い部分が浮き彫りになってきます。


逆に考えると、自分の中で定量化できていないものは、理解をしていないか、何かを誤魔化そうとしているものだとも考えられます。


数字というものが元来もっている「整理する」という性質を活かして、自身の管理に役立てていきたいと思います。


ちなみに、今回本書の中に出てきた手法を一つ、現場に照らし合わせて実行してみたところ、非常にスムーズに事を進めることができました。


自己投資(学習)は、プラスにはなってもマイナスにはなりません。それを実感することができました。  


Posted by KNブログ at 10:09Comments(0)

2007年11月17日

自身と競う

原田です。


いきなりですが、自分は昔、競うことが嫌いでした。もっと言うと、他人と比較されることが好きではありませんでした。正直、自分にあまり自信がなかったからでしょうか。ただ、そういう自分の弱い部分を見せたくもなかったので、その事実すら隠していたように思います。


そんな時期から抜け出したのは、スポーツを始めてから。スポーツを始めて、「これをやっている!」と人に言えるものができて、自分に自信がついてきました。そこから少しずつ、人と競うことに楽しみを感じはじめました。


人と競うことの楽しみを感じ始め、自分は人よりも強い体を持っている。という特長を知り、その特長を伸ばすことに快感を覚えてからは、人と競うことが楽しくて仕方ありませんでした。何か面白い人に会う度に、闘争心をむき出しにしていました。


それから、大学1年の冬。ある本との出会いで、この、人と競うことで闘争心を燃やす自分が、なんと幼稚なものかと考えるようになりました。人ではなく、自身に対して闘争心を燃やせるようにならないといけないと、強く感じました。


ただ、今でもまだその名残があります。人に対して闘争心を燃やしている自分に気づいたときは、その闘争心を自身に向けるか、沈静化するように努めています。


いつ何時でも、「自身と競う」という感覚を忘れないようにしたいです。


まだまだ、精神が未熟だと感じます。   


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2007年11月10日

社会へのアクションと社会からのリアクション

原田です。


先週、「目的と手段」という記事を投稿しました。


それぞれの意味を自分なりに理解して投稿し、今週は今の自身の仕事に置き換えて考えてみました。


自分は営業担当者です。営業の目的とは何か?それを今週はずっと考えてみて、そして今日、自分のお客様の営業研修に参加し、それが整理できました。


営業活動の最終的な目的は、自社で作った「お客様ためになるサービス」を提供し、お客様から信頼と期待を勝ち取り、お金をもらうこと。


表現を大きくすると、自社で作った「世の中のためになるサービス」を社会に対して提供していき、それに対して社会からの信頼と期待を勝ち取ること。


一企業体の社会に対してアクションをする部分と、社会からのリアクションを受ける部分。これが営業担当者の役目であり、営業の目的ではないかと思いました。


何かに対してエネルギーをぶつけると、それに対して必ず抗力が発生します。アクションをすると必ずリアクションが発生します。


ただ、営業現場で以外にできていないのが、リアクションをしっかり受けるということ。これまでの自身の営業活動を振り返ってみると、果たしてアクションした分だけリアクションを受けてきたかというと、できていませんでした。もっというならば、リアクションを受けるという意識が薄かったと思います。


しかしながら、目的がはっきりしたので、あとは手段を考えればいい。目的さえはっきりすれば、手段はいくらでも考えれます。


これまでの営業では、アクションする方法はたくさん考えてきましたが、その分だけリアクションを受ける方法を考えていなかったです。だから、リアクションを受ける方法をもっとたくさん考えればいいのではないかと思います。


シンプルで当たり前のことが、なんとできていないことか。反省し、改めていきたいと思います。  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2007年11月07日

レバレッジ・シンキング

原田です。

今回は、
「レバレッジ・シンキング」
著書:本田 直之氏

の書評を書きたいと思います。
本書を読んだ目的は、まだまだ効率の上がらない自分の作業効率を上げる方法を知ることと、自身の現在の仕事のやり方を見直すことです。


作業効率を上げる方法に関しては、非常にとっつきやすく、実務的なものが紹介されているので、あえてここでご紹介する必要はないと思いますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。


自分が本書を読んで改めて考えたことは、自分の現在の仕事の質です。本書は、4つの自己投資術に関して紹介をしています。投資をすることで将来的な仕事の効率や質を上げる方法を紹介しているのですが、最初の投げかけにプロスポーツ選手は、100の時間を使い方として、80をトレーニングに、20を試合に使っている一方、ビジネスパーソンは、99の仕事と1の自己投資しかしていないことがどうなのかということを言っています。


自分も、小さい頃からスポーツはやっていたので、よくわかるのですが、確かに「試合」というアウトプットの時間に対して、何倍もの「トレーニング」というインプットの時間がありました。たくさんの練習をしても毎回そういい結果が出るわけではありませんでした。


質のいい「アウトプット」を出すためには、アウトプットの時間の何倍ものインプットが必要です。この事実を改めて考えてみると、果たして今の自分はそれに見合うインプットの時間をとっているか?と疑問がわきます。が、答えはNOです。

正直、まだまだ勉強時間が足りていません。


それから、以下の考え方が不足していたことに改めて気づきます。

上記の、トレーニング:試合=8:2で考えると、仕事の時間が8時間なら、その4倍の32時間を自己投資に当てなくてはならない。一日24時間ですから、一日中起きていても毎日16時間の不足です。睡眠の時間やもろもろを考えると、20時間~23、4時間の不足になります。週5日の勤務で120時間くらいの不足です。完全週休2日制で、2日間自己投資をし続けても、補完できません。


だから、仕事の中でも常に「学ぶ」という考え方が必要になります。そして、それを会社としてサポートするシステムとしてOJTというものがあります。


その仕事をその場限りで終わらせるのではなく、今後の自分の糧になるように、今後の会社の糧になるように考えながら仕事をやらないといけません。


改めて考えてみると、これまではほとんど無に等しかったように思います。おそらく、仕事を始めた時から気づいていた人と比べると、大きな差がついています。


ただ、今、気づいてよかった。

今だからまだ、よかった。とも思います。


明日からまた、仕事に臨む姿勢を改めたいと思います。  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2007年11月03日

目的と手段

原田です。



目的と手段。


自分はこの、「手段」を行っている最中に、「目的」を見失なっていることがよくあります。


「目的」を見失ってしまうと、様々なことに不具合を生じます。


その中でも、今週特に実感したのが、「手段の硬化」。


「手段の硬化?」

今、とっさに表現した造語ですので、以下に説明していきます。
※わかりずらかったらすいません。


今週、お客様からある調べものを頼まれました。


会社に帰って早速、調べものを始めたのですが、これがなかなかわかりません。調べ方が滞った感があったので、社内の人に相談してみました。
すると意外な答えが返ってきました。


「それって、本当に調べる必要があるの?」


そう言われて、よくよく振り返って考えてみると、お客様が、なぜそれを調べようとしているかという目的を思い返すと、自分が調べていたものでなくとも、お客様の目的は十分に達成できることがわかりました。


これは、「目的」を見失って、「手段」にこだわっていた結果、おこったものです。


この後、このアドバイスをくれた人の行動を注意してみるようにしてみたのですが、やはり共通するのは、常に「目的」は何かと問いただしていること。「目的」を達成するための「手段」ということがわかっているので、「手段」に対して変なこだわりがありません。非常に柔軟に仕事をこなしていきます。


それに対して自分は?と問いただしてみると、「手段」だけにこだわっていて、「目的」を見失っている仕事があること、あること・・・


だから仕事が止まる。「手段」に変にこだわるから。そして変にこだわるのは、「目的」を見失っているから。


常に「この仕事はなんのためにやっているのか?」と問うこと。当たり前のことですが、自分にはできていないことです。その事実をしっかりと受け止め、自分を変える努力をしていきます。


ただ、当たり前のことですが、これが自分の中にしっかりと落としこめて、できるようになると、かなり成果が上がっていくイメージができます。  


Posted by KNブログ at 08:08Comments(0)

2007年11月01日

きみはなぜ働くか。

おはようございます、原田です。

今回は、
「きみはなぜ働くか。」
著書:渡邊 美樹 氏

の書評を書きたいと思います。

本書を読む目的は、「自分はなぜ働くか。」を見直すためです。


「この本を読んで一人でも多くの若者が、『当たり前』に気がついてくれたら嬉しいです。」
これは、この本の「はじめに」に記載されている言葉です。そして、この本を通して学んだ一番のことです。

「自分はなぜ働くか。」この問いに対して、自分なりの答えを出すには、まだあまりにも経験が足りないように思います。社会に出て2年目の自分には、「働く」とは何か?ということさえまっとうに答えることができません。

ただ、本書を読んで、一つだけ「確か」だと思ったのは、「当たり前」を大切にすること。

これは、これまでの記事の中でも同じようなことを投稿しましたが、自分達の世代の環境は恵まれています。「当たり前」に様々な環境がそろっています。

ただこの「当たり前」は、自分達の先輩が、戦後の日本の悲惨な状況から、血反吐がでるくらい努力し続けて、培ってきたものです。

僕らの世代は、その「当たり前」を守る、維持することが役目ではないか。そのために僕らは、一所懸命働かなければいけないのではないか。ということがわかりました。今の自分には、これが「働く意味」として十分なものだと思います。

まずは、「当たり前」というものがどれだけ価値があることなのか。それを理解すること。そこからだと思います。まだまだ「当たり前」を「当たり前」としか捉えることができていない普段の自分を反省し、努力します。
  


Posted by KNブログ at 09:07Comments(0)