Posted by at

2009年02月28日

『無農薬のリンゴ』が教えてくれること

原田です。

世の中には、すごい人がたくさんいる。
そんな事は前々からわかってはいたけれど、わかってはいても、
そのすごさにどれくらい驚かされるかは、いつまで経ってもわからない。


奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

リンゴという見慣れた、食べなれたものだからこそ、あまりにも一般的なものだからこそ、その奥深さに強く気づかされます。また、その奥深いものへの気づきは、『無農薬のリンゴ』という1つ因果を解き明かすだけに留まりません。

まさにこういった状態を『紐解く』というのではないかと思います。

ここでは、たくさんの気づきの中で印象に残っているものの1つを紹介します。

『自然が織る生態系という織物と、リンゴの木の命を調和させることが自分の仕事なのだ、と。』

本の中にこんな一文があります。
これは、木村さんご自身の言葉かどうかはわかりませんが、ただ、木村さんの仕事への取り組みかたそのものを表している言葉です。

『無農薬のリンゴ』を作るのには、ここまでの心理に至らなければ達成できなかったのかもしれませんが、ただこれは、木村さんの仕事への取り組み方があったからこそ出てきた結果なのではないかと思います。

バブルで周りが豊な生活を送っている中、あきらめればすぐに自身もその豊な生活を送れるという選択肢があったのに、何年間という貧困を続け、周りからの非難を受け続け、さらには自殺にまで追い込まれた。

そこまで突き詰めたからこそ、本当の重みを持って、自身の仕事にその大義名分を持つことができたのではないかと思います。

始めから大きな意義を持って仕事をするなんてことは難しい。
やり続けてからこそ見えるものはある。

経験の無い若い時からその仕事に意義があるかないかを判断するのは難しい。できるのは、そこに意義を見出せるまでやり続けてみようという覚悟をすることくらいかもしれない。  


Posted by KNブログ at 00:00Comments(0)

2009年02月21日

創る人

原田です。

福島正伸さんの日めくりカレンダーに、

「未来とは予測するものではなく、創るものである」

という言葉があります。

正にこの言葉を実行してきた人の本を読みました。

「スティーブ・ジョブズ 人を動かす神」



スティーブ・ジョブズの、これまで行ってきた事象に沿って、その時の考え方ややり方、その行動に対する周りの反応や行動が書かれているのですが、正直、その個々の事象での対応や考え方は、正しいのかどうかはわかりません。

ただ、全ての事象に一貫して言えることがあります。

それは、自身の思い描いたものは、徹底的に明確にし、確実にカタチにすることにこだわり続けているということ。

見方によっては、異常なまでに「我がままである」とも言えますが、一方では、
強烈な目標達成力の強さを持っているとも言えます。

そしてこの精神は、皆さんもよく知っている、伝説のスピーチにある

Stay hungry, stay foolish.

に集約されています。

こういった考え方を持って、0から1を生み出していく人が、世の中を創っているのだと、自分は考えます。

周りを見て、状況を見ているだけでは、将来を予測することしかできません。

ジョブスの

「模倣は世界を変えない」
「だれもやったことのないことに闘志を燃やすんだ」

といった考え方にもありますが、カタチにもなっていない段階であれば、それが自分一人の中に納まっている段階では、単なる「欲」でしかないですが、その延長線上で、それを目に見える、もしくは物理的に触れることのできるカタチにしていくことができれば、それは正に未来を創っていると言えるのではないかと思います。

世の中にあるものを使っている、見ている。つまり、受け取っている立場では、予測しかできません。

創る側に周って、初めて未来を創ることができます。この「創る側」というのが、世に言う生産者であり、その生産者がやっていることが「仕事」です。
  


Posted by KNブログ at 00:00Comments(0)

2009年02月17日

何のために

原田です。

たった今、感動と気づきを得ました。

先ほど、午前中の営業を終えて、バスに乗って事務所に戻ってきたのですが、その帰りのバスの中でのことです。

自分と同じバス停で、盲目の方がバスに乗られたのですが、その方が乗られてすぐの信号停止のタイミングで、運転手さんが一旦エンジンを切って、運転席から出てこられて、その盲目の方のところまで行き、耳元で、

「どこで降りますか?」

ということを確認されました。

そして、

「降りるときにお手伝いできますが、大丈夫ですか?」

と続けて確認をしました。

声をかけられた方は、

「ありがとうございます。一人で大丈夫です。」

と返事をし、再度お礼を言われていました。

その行動を見てか、その方が降りるバス停と同じバス亭で降りる乗客の方が、その方に優先して降りることをススメられ、問題なく降りていかれました。

これを見て、

時間通りにバスを運行することだけに注力し、乗り遅れそうになった方を乗せずに時間通りに発車する(わかっていないだけかもしれませんが・・・)運転手さんと比べて何が違うのか?

ということを考えてみたのですが、

これはやはり、「その仕事を何のためにやっているのか?」がわかっているか否かの差だと。

少なくとも、今回のこのバスの運転手の方は、

『バスを時間通りに走らせる。』

のではなく、

『お客様を希望の場所に送り届ける。』

ことが、バスを運行する目的だと認識されていたのではないかと思います。

運行が少し遅れたとしても、そもそものバス運行の目的が、後者の目的であれば、マニュアルやルールにあろうとなかろうと、今回の運転手さんのような行動を自然ととるのではないかと思いました。

どんな仕事にも、その仕事が

「何のためにあるのか?」

という認識を持っている方の仕事の仕方には、感銘を受けます。

そして、その方ご本人からも自然と仕事への自信と、誇りを感じ取ることができます。

さて、自分も自分の仕事への取り組み方を振り返り、気合を入れて午後の営業に行ってきます!  


Posted by KNブログ at 00:00Comments(0)

2009年02月15日

ヒロクツゲルチカラ1

原田です。

ある就職に関するナビで、コンサルティング業界の人気企業ランキングを見ていると、自分達が就職活動をしていた頃には見たことのなかった企業が1位にランクされていました。

株式会社ヴィス
http://www.vis-produce.com/

事業の核となるのは、企業のデザイン、特にオフィスのデザインをコンサルティングするというものです。

創業から10年経っているというものの、まだ従業員は40名程の会社であるのに、著名なコンサルティング会社を抜いて1位にランキングされています。

では何故ここの会社が支持されているのかってのが大事なところなんですが、
これはやっぱり、

『わかりやすい』

ということにつきるのではないかと思います。

何がわかりやすいかというと、

・仕事の内容
・仕事の結果(アウトプット)
・仕事の結果から得られる満足感

というところ。これは、自分がわざわざ解説をしなくても、誰でも分かることだと思います。しかしながら、非常に重要なポイントの1つです。

仕事の経験の無い学生からすると、会社を選ぶ基準というのは限られてきます。

「仕事なんて、経験からしかわからないことが多い」

というのは、確かにそうなんですが、その「経験からしかわからないこと」にその仕事の魅力が詰まっているなら、それを誰でもわかるようなカタチにしないと、本当に伝えたい事、伝えるべき事も伝わりません。

ましてや、テレビ、携帯電話、インターネットetcと、これまで見てきたもの、これからも見ていくものが非常に多い若い世代からすると、何かの事象を深堀していくよりも前に、『深堀していく何か』を数ある情報の中から選び出すことが非常に困難だからです。

まずは目にとまる事、気にかかるという事がすごく重要。

そういった意味で、広告、そのデザインというのは、若い世代にとっては非常に重要な指標の1つになっていると思います。  


Posted by KNブログ at 00:00Comments(0)

2009年02月15日

欲求をコトバに

原田です。

自身の欲求を明確な言葉にするって大切なことだと思います。

モノやサービスが溢れている今の世の中では、その欲求が簡単に満たされるコトが多くなっています。つまり、日常生活の当たり前の中に、たくさんのサービスが潜んでいます。

そんな恵まれた環境で育ってきたからこその弊害もありますが、それを逆手にとって、現在の「恵まれている環境」を基本的な環境とした上で、さらにその環境を良くするサービスやモノを考えていくのが、若い世代の人間の使命だと思います。

新しいサービスやモノができると、当然そこには新しい仕事が生まれ、雇用が生まれます。

不況という環境を平たく表現すると、「仕事が減っている時期」。

単純な話、その状況を脱するには、新しいサービスやモノを創って、仕事を増やせばいい。既存のモノやサービスが売れなくなっているのだから。

その起爆剤となるべきなのが、若い世代だと思います。

変に大人ぶって抑制せずに、強く欲求を持ったらいい。

欲求を持ったら、それを言葉にして認識して、それを解消するサービスを探してみて、なかったらカタチにしていく。

持った欲求を人にぶつけたり、人任せにして受身になってはいけないと思うけど、最後まで自分で責任を持って解消していくなら、どんどん欲求を持ってみたらいいと思います。

ただ、まずはその欲求を自身でちゃんと認識するために、言葉にしてみることが大切だと思います。欲求を欲求だと認識できなかったら、次の行動には繋がらないから。  


Posted by KNブログ at 00:00Comments(0)

2009年02月11日

序章

原田です。

昨年末から既に決まっていたことですが、前から好きで、よく読んでいた雑誌が今年の4月の30周年記念号で休刊します。

理由は、「テレビに代わり、Web広告が広がる今、マスメディアの1つの区切りがきているから」ということです。

【広告批評】



広告という行為が、その時代ごとの消費行為や消費環境を理解する一つの指標になるとすれば、この広告という行為が、これからどのように変化していくかを掴むことは、次代の変化を掴むのに必要な要素だと考えます。

世の中の動きを掴むための1つの切り口として、広告という行為、とりわけ、
当社の業務から考えて、若者を対象とした広告に絞って、話題を呼んでいるものや、それに付随する事象を取り上げて、紹介していこうと思います。  


Posted by KNブログ at 00:00Comments(0)

2009年02月08日

続ける意味

原田です。

先日も紹介した、下記の本。一通り課題をこなしてみました。

「夢をかなえるゾウ」の秘密
著者:フローレンス林氏

「夢をかなえるゾウ」の秘密

一つ一つの課題にも、もちろんそれぞれに意味があり、気づきを得ることができますが、課題を通して得た、もっとも大きな気づきがあります。それは、


『世の中には、やってみないとわからないものばかりだと思っていたけれど、
どうやら、やり続けてみないとわからないものの方が多い。』


ということ。

これは、上記の本の課題の実践からだけではなく、もうすぐまる3年が経とうと
している現在の仕事の経験からも、同じような意味を実感していたからかもしれません。

仕事も遊びも、このブログを読んでくれているであろう学生の皆さんの、就職活動もそうだと思います。

やり続けてみてわかる事が非常に多く、より深い気づきを得ることができます。

インターネットのおかげで、たくさんのことをすぐに知ること、手に入れることはできるようになりましたが、それを本当の意味で理解していくには、やはり実体験をし続けた、経験が必要になってきます。
  


Posted by KNブログ at 00:00Comments(0)

2009年02月01日

新しい風

原田です。

年が明けて早1ヵ月。

これから企業さんは、自社の会社説明会をどんどん開催してくる時期になります。

その説明会は、その会社の雰囲気を感じる最初のきっかけです。

明るい雰囲気、厳格な雰囲気、誇り高井・・・

と様々。では何故、そんな雰囲気がそれぞれに感じられるのか?

そういった場作りを行っているから。

その会社のスタッフの雰囲気が伝染します。

逆に言うと、そういったその会社独自の雰囲気が掴めなかったのなら、
もしかしたら、

これは、社会心理学でいう「限界質量」という考え方から来ています。

ある一定水準のラインを超えると、3割の人のやっていることや状態が、他の7割の人に伝染していきます。

しかしながら、その3割というラインを下回ると、その一部の人たちの状態は周りに飲み込まれてしまいます。

そこに、組織作りというのは、一緒。

新卒採用も一緒です。

新卒者に期待されていること、新卒者にしか持てない独特の雰囲気を会社に入れることで、「新しい風を入れる」といった表現をしますが、まさにその通りです。

それでは、自分はどんな風をそこに入れることができるのか?

これは一度考えてみる価値があると思います。
  


Posted by KNブログ at 00:00Comments(0)