Posted by at

2007年12月31日

ウェブ時代をゆく

原田です。


本日は以下の書評を書きたいと思います。
「ウェブ時代をゆく -いかに働き、いかに学ぶか」
著者:梅田 望夫 氏


本書を読む目的は、新時代を創る「ウェブ」というものの特性を体系的に理解すること、そしてこの新時代の特性理解のうえで、これからどんな働き方をしていくべきかということを明確にしていくヒントとするために読みます。


□学習の高速道路と大渋滞
→これは将棋の羽生善治氏が昨今の時代の変化を概念として表した言葉です。ネットの普及により、あらゆる知が言語化され共有されることで、どんな人にも過去の叡智を吸収できる機会が提供され、自身が望めばすごいスピードで学ぶことが可能になった。ただ、その高速道路の終わりごろで大渋滞がおこる。その道のプロの手前でたくさんの人がひしめき合う。

つまり、これまでの過去のことをたくさん知り、それを覚えていることが能力として評価された時代が終わり、その知識をもって、新しい何を創造することがこれからの時代の「能力」として評価されます。

だからこそ、これからの自分達の時代で、結果を残す仕事をするためには、常日頃から、何かの知識を得て、そこから何かを創造するという「考える」という行為が非常に重要になってきます。逆に、何をやっても考えずに、そこから何かを創造するという行為ができない人は、誰かに使われるという立ち位置にまわっていくしかない。


世の中に「電気」というものができ、それがインフラ化された時、「電気」というインフラを作り出す事業とそれを使って、何かを行う事業が発展しました。

世の中に「自動車」という移動手段ができ、それがインフラ化された時、「自動車」という移動手段のインフラを作り出す事業と、それを使って何かを行う事業が発展しました。

同じように今、世の中に「インターネット」という知識・情報の共有手段ができ、それがインフラ化された時、「インターネット」という知識・情報の共有手段を作り出す事業と、それを使って何かを行う事業が発展しています。


この社会背景を理解し、それを使いこなすことを基本として、その上で、行動をおこす。この行動をパワフルに、且つスピーディーにしていくために、常に学び、常に行動をおこして経験を積むということに邁進すること。それが今の自分のすべきことだと思います。

来年もさらにたくさんの経験を得るため、がんばります。

来年もよろしくお願いします。  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2007年12月27日

夢をかなえる洗脳力

原田です。


本日は以下の書評を書きたいと思います。
「夢をかなえる洗脳力」
著者:苫米 地英人 氏


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、本書の著者である苫米氏は脳機能学者です。科学的なアプローチで自己コントロールを行うための手法が本書では紹介されています。自分もまだまだ自分自身の感情やモチベーションををうまく管理できないので、そのための手法が学べればと思って読みました。


細かな手法は、様々記載されていますが、その中でも特に参考になったものを一つだけ。

□抽象度を上げる
⇒例えば、「犬」と「動物」と「生物」という概念があったとすれば、「犬」は「動物」に含まれ、「動物」は「生物」に含まれます。この考え方がどういったことを生み出すか。


扱う言葉が適切かはわかりませんが、「社員の利益」と「部署の利益」と「会社の利益」という概念があったとすれば、「社員の利益」は「部署の利益」に含まれ、「部署の利益」は「会社の利益」に含まれます。この場合、社員が社員自身の利益だけを考えるより、会社の利益を考えてもらった方が、含まれるものが多いので、利益は大きくなります。もちろん、自身のことだけを考える社員が集まるよりも、会社全体の利益をを考える人が集まった方が、成果として出そうとするものが大きくなるので、会社としてはいい。


もちろん、一つ一つの行動は具体的に綿密に計画して行うべきですが、そこからどんな結果を得ようと考える場合。自身(社員)が評価される結果だけを考えて動くと、非常に小さな結果でとどまります。さらに、その結果は会社としての結果としては必ずしもプラスに働くものだけではなく、マイナスに働く可能性のものもあると考えると、できるだけ大きな視点で見て利益が出るということを考える方が結果はよくなります。


自分も大学卒業したばかりはかなり抽象度の低い見方をしていたと思います。自分に評価がもらえればいいということしか頭になかったから、当然、会社へ還元した利益という点ではマイナスでしかなかったのではないかと思います。

ただ現在は、会社の代表としての営業担当という意識で自社の価値を市場に伝える仕事をやっており、より広範囲でのお客様への価値提供の機会を考えることができるようになってきていると実感しています。


視点や考え方の違いで大きな差が出る。これが本書ではいくつか紹介されています。ぜひご関心のある方は読んでみてください。  


Posted by KNブログ at 10:00Comments(0)

2007年12月22日

まずは、自分が何かできないかを考えてみる

原田です。


自分は営業活動の移動手段として交通機関を利用しています。


これは昨日の出来事です。


営業先から自社に戻るのにバスに乗りました。そのバス停は近くに高校があり、ちょうど高校生が帰る時間帯にバッティングして、すごく混みあっていました。


自分が乗るバスにもたくさんの高校生が乗車する様子で、自分は最後尾で順に乗車するのを待っていたのですが、人が多くて、自分が入りきる前に入り口が締まらないところまで人がいました。ただ、自分も乗らないわけにはいかなかったので、お願いをして詰めてもらって、何とか後方に乗り込みました。


ところが実際に乗ってみると、バスの前の方はまだ結構余裕があったんです。よく見ると、途中で高校生2、3人とおじさんが1人、横に並んで、前に詰めもせずにたっていたんですね。


「何でこんなに混み合っているのに、気づかないんだ。」と思って、その身勝手さというか、気のつかえなさというか、そこにすごく憤りを感じたんです。


で、そんなことを考えているうちに次のバス停にバスはとまって、また数人乗ってこようとしていた、ここでこの状況に気づいたバスの運転手さんが、「混み合っていますんで、前にお詰めください。」とアナウンスをしたんです。そしたらやっと、高校生とおじさんはその状況に気づき、前に詰めてくれたんです。


この光景を見て、「ここまでしないとバスに皆で乗ることもできないのか」とあきれました。


しかしながら、それと同時にあることに気づいたんです。


実は、詰めてもらってバスの後方に乗り込んだ自分の後ろには、十分な余裕があり、4、5人は軽く乗れるくらいのスペースがあったんです。自分が後ろにつめればよかったんです。何とも恥ずかしい。


「人の振り見て、我が振り直せ」とはいいますが。まったくその通りだと思いました。


最近、「少し気が使えるようになってきたかな。」と自分で思っていました。気を使うポイントややり方が分かってきたと思い、人を見て「あーこうすればいいのに」と思うことが多くなったんです。


しかしながら、自分自身がやれてないようであれば、基もこうもありません。変に知識が先走ると、自分の目で見える他人にばかり目がいき、肝心の自分自身が動けていないことがあります。


これは今回のことだけではないように思います。


「まずは、自分が何かできないかを考えてみる」


経験の無い自分には、見識はあっても、自分自身ができる領域まで達していないことがほとんどなので、人のことをどうこうと思う必要はなく、「自分が何かできないか」という視点を普段から心がけて、実行することが先決ではないかと気づかされる体験でした。  


Posted by KNブログ at 09:09Comments(0)

2007年12月19日

へえ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ!

原田です。


本日は以下の書評を書きたいと思います。
「へえ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ!」
著書:小山 政彦 氏


本書では、テーマの通り「儲かっている会社」がやっていることを事例を踏まえて紹介しています。そして最後のパートには、この「儲かっている会社」の社員がやっていることが紹介されています。どんな社員が「儲かっている会社」を作り出しているのかを知ること、そして、そういった社員になるために自分は何をしなくてはいけないかを学ぶために読みました。


□「何を知っているか」ではなく「どう考えるか」が大切
⇒本書では、目標達成の事例を使ってこのことを紹介しています。社会人には、次から次へと新たな目標が与えられるわけですから、「今何を知っているか」よりも、目標を達成するために「どのようなで過程で」「どのようなモチベーションを持って」「どれくらいの期間で」達成するのかという「考え方」。つまり、「どう考えるか」ということが重要ということです。


幸い当社では、この「どう考えるか」ということに関しては常日頃から鍛えられています。もちろんベースには、自身の「考え方」がありますが、それをさらに高めるために、仕事の中で「どう考えるか」ということを考える機会を作ってもらっています。


これまでの投稿の中でも何度か書いたと思いますが、自分は「何かを知っている」ということだけで満足することがあります。ただ、今の時代にはこの「何かを知っている」ことは重要ではなく、「どう考えるか」が大切だということがわかれば、「考え方」の質の向上は限りがないことなので、「何かを知っている」ということで満足してはいられなくなると思います。


どんな会社にも目標はあります。売上げ目標という数値化した目標なら必ずありますし、その売上げを上げる活動の中で社会に対して何かしらの影響を与えるという目標もほとんどの会社にあります。ただ、違うのはその目標達成のためのアプローチ方法。つまり、どうやってその目標を達成するかということ。この「どうやって」の部分の質が高いところが、本書で「儲かっている会社」として紹介されているのではないかと思います。


そしてもちろん、その「儲かっている会社」の中でも「どうやって」の部分の質が高い社員が、その会社を支えているのだと思います。


自分もそうなれるようにがんばりたいと思います。  


Posted by KNブログ at 09:03Comments(0)

2007年12月16日

順境と逆境

原田です。


前回の書評の投稿文の最後に、「自身の輪郭をはっきりさせる」という表現を使いました。今の自分には、これが最もやらなくてはいけないことだと感じています。


イギリスのフランシス・ベーコンがこんな言葉を残しています


順境の美徳は節度であり、逆境の美徳は忍耐である。


自身のこれまでの人生を振り返ってみても、まだまだ本当に「逆境」と呼べるものにはぶち当たっていません。どちらかというと「順境」の中を生きてきました。そしてまだ、その「順境」に甘えている自分がいます。


この状況を変えるために、最もやらなくてはならないことが、「自身の輪郭をはっきりさせる」ことではないかと思います。


例えば自分は、普段の仕事の中で、様々な知識や情報を得ています。得ることそのものは決して悪いことではないと思います。しかしながら、人は不思議なもので、知識や情報をたくさん取得し始めると、最初はいい意味で自信を持つことができるのですが、それが行き過ぎて、過信し始める。過信すると、周りに対して傲慢になります。


例えば自分は、今、非常にいい環境で仕事をしています。もちろん、いい環境で仕事をすることは悪いことではないのですが、いつしかそれが当たり前になり、そこに甘えて怠慢になります。


順境の中で「節度」を持つには、何事にも行き過ぎないこと、つまり、自信の輪郭をはっきりさせ、それを超えないように努めることではないかと思います。それができれば、自然といつも、謙虚な姿勢で、人には敬意を持って接することができるのではないかと思います。


順境の中で自分を律すること、これが「逆境」に立たされたときの忍耐に通じるものだと思います。


「順調な道をしっかりと進めない人が、逆境に立ったとこで耐え切れるはずがない。」


大学時代に、自分が尊敬するある友達に言われました。ただ、その時の自分には理解できませんでした。


大学時代の自分が考えていた「逆境」は、今考えてみると「逆境」と呼べるようなものではありませんでした。まだまだ甘かった、それにやっと気づき始めた今の自分も、まだ甘いようです。  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2007年12月12日

下を向いて生きよう。

原田です。


本日は以下の書評を書きたいと思います。
「下を向いて生きよう。」
著書:安田 佳生 氏


普段、本を読む前には必ず、「はじめに」と「目次」を読んで、その本を読む目的を決めます。しかしながら、本書に関しては、目的を立てることができませんでした。「はじめに」にあたる部分と「目次」を読んでも、この本で何を伝えようとしているかが明確にならなかったからです。

よって今回は、本書を読み進めていく中で気づいたことを上げ、読みきったとこから、何を学んだかをまとめてみました。


□「欠けた部分」を楽しめるか
⇒「人は、最初からできることには、喜びを感じられない。」

当たり前のようですが、すごく面白い観点で、普段の自身の働くことへの考え方を大きく変える視点でした。

例えば、このブログで以前自分は、「継続することができない」ということで書評を投稿しました。これを上記の視点から見たとします。自分は生まれつき、「継続することができた」としたら、自分にとって「継続する」ということは「当たり前」のことで、それに対しては何の喜びも感じられないものになるはず。しかしながら、今、こうやって「継続する力」をつけるためにブログを投稿しているこの瞬間は、「できる」ようになるための一歩を積み重ねている瞬間であり、この瞬間がすごく嬉しい。

現に今、このブログを書きながら、自分がここ3ヶ月ほどで投稿した記事の一覧を見て、少し自分の中に嬉しさが沸いてきたのを感じました。


□「意思が強い」と「頑固」
 「アンティーク」と「中古品」
 「霜降り九十パーセントの高級肉」と「百パーセントの脂身」
⇒どれも紙一重です。例えば、「意思が強い」と「頑固」というのは、意思の弱い人からすると、どちらも「意思の強さ」があるはずです。ただ、その意思の強さが行き過ぎると「頑固」になる。その他二つに関しての説明は、興味がある方はぜひ本書を読んでみてください。


ここで自分は感じたのは、人の「できる部分」と「できない部分」の割合もそうですが、何かのものごとの本質は、そのものごとの良し悪しという部分とは、違ったベクトルに存在するのではないかということ・・・

少し分かりにくいでしょうか・・・正直、自分も明確に言葉で伝えれるほど深く落としこめたわけではありませんが。

ただ、一つ言えることは、人と付き合うとき、それが社内の人であっても、お客様であっても、良し悪しではない違った視点から見つめる必要があるのではないかと思います。


本書を通して感じた、まず自身が最初にすべきことは、自身をさらけ出すということではないかと思います。

なんとなく、著書の安田さんも本書を通して自身をさらけ出すということをしているのではないかと思いました。

ただそれは決して後退することではなく、前に進むことだと思いました。以前、本屋で立ち読みをして少し目に付いた文章で、



「成長することは、何かを着ることではなく、何かを脱いでいくことだ」


というのがありました。

自分も、これまでの投稿を通して、自身の輪郭をはっきりさせてきたことがよかったと思います。  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2007年12月11日

CPアカデミー vol,1 「地域活性化の思い」

「地域活性化の思い」
日本各地から「地域を活性化したい」という「思い」を持って、CPアカデミーの受講生は集まっています。受講者はそれぞれの地域が抱える問題を解決すべく、アカデミーで学び、事業の立ち上げを行います。
第1回の講座テーマは「地域リサーチの基礎」
「その問題は本当に問題なのか?」ということを考えること。具体的にどんな点で、誰が困っているのかが明確になっているのかということ、それが、地域リサーチを始める際に必要なことだというのが、この講座での大きな学びでした。
いくら自分が「これは問題」と考えているものでも、地域にその問題意識がない、また、その問題に地域の人に共感してもらえないならば、事業化はできません。
自身が考える「問題」が、地域の人に共感してもらえる問題であるかどうかというのは、地域の人とどれだけコミュニケーションが取れているか、地域のことをどれだけ良く知っているかにかかってきます。
良く、ビジネスとは社会とのコミュニケーションといいますが、まさにその通りで、CPの行う事業とは、地域とのコミュニケーションだと思います。
どれだけ地域とコミュニケーションが取れるか、これがこれからの勝負どころです。  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2007年12月09日

変わらないこと

原田です。


最近よく、「ブログ読んでいます」「ブログ読みました」と周りの人から声をかけていただけるようになりました。


もちろん、ブログを書いていることを情報発信し始めたこともそうですが、記事の量が増えて、かつ、定期的に更新しているから、周りの人から「この人はブログを書いているな」と認識してもらい、「読んでます」と声をかけれるようになったんではないかと思います。


この「読んでいます」というレスポンスをもらえるというのは、ブログというもののステータスをはかる、一つの指標ではないかと思います。


これと同時に、最近よく、営業で外を周っている際に、弊社のお客様や、関係先の方と移動中にばったりと会う事が増えました。多い日は、一日に3~4人知っている方と会います。


同じビルの人なら、会う機会もよくあるとは思うのですが、自分は普段営業で、福岡市の近郊までを範囲として移動しており、その広範囲の中で、お互い移動中に、あるどこかの地点で交差してるわけですから、すごいことだと思います。


そしてさらに、会って挨拶をすると、非常に快く挨拶を返していただけます。何か特別な会話をしたわけでもないですが、すごく嬉くて、営業がんばろう!と思えます。


この、お客様と予期せぬ場所で顔を合わせてご挨拶ができるということは、営業担当としての一つのステータスを現すものではないかと思います。


何事もちゃんと続けていれば、必ずそれを見てくれている人がいるな、と実感させられる毎日です。


昨今は、物事が変化するのが非常に早くなったと言われますが、人付き合いという大切なものの基本は変わらないんではないかと思いました。  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2007年12月05日

ビジネスマンのための「発見力」養成講座

原田です。

本日は以下の書評を書きたいと思います。
「ビジネスマンのための『発見力』養成講座」
著書:小宮 一慶 氏

自分は、よく社内で「何故それに興味を持たないの?」と聞かれます。営業担当者ならば、また、当社の社員であるならば、それに興味を持たなくてはいけないでしょう、と。

本書には、自分が普段よく社内で言われている上記の言葉の、答えとまではいかなくても、そのヒントがあるのではないかと思い、読みました。


□あらかじめ、見ようと決めたものだけが「見える」
⇒人間は、デジタルカメラのように全部くまなく頭の中に映像として記憶するのではなく、目に入ってくるものを選んで見ているところがあるとのことです。
ここに一つヒントがあるのではないかと思いました。


「見ようと決めたもの」→これは、例えば自分のような営業担当者であれば、『お客様の業界や動向に関すること』『自社の商材や業界に関すること』は、当然普段から意識して情報を取っていないといけません。それが、取れていない情報があるから、「何故それに興味を持たないの?」と聞かれます。


これは、「見ようと決めたもの」が自己判断で行われているのが一つの原因ではないかと思います。お客様の視点、会社の視点からそれを判断していれば、当然「何故それに興味を持たないの?」と聞かれるものはなくなっていくと思います。


□見えているつもりになっているだけ
⇒自分にはもう十分に見えているつもりになっている人には、もうそれ以上は見えないことになってしまう。


これも思い当たります。表面的な知識だけで、わかったつもりでいる。もっというなら、知るだけで終わっていることがよくあります。


これも、問題の根幹には、「見えているつもり」という自己判断が下されていることが言えるのではないかと思います。


本書では、「読書は能動的に読むものだから、どうしても好きなものしか読まない」という記述があります。まさにそうで、自分もずっとこれまで、自分の好きなものしか読んでいませんでした。


ただ、2ヶ月前から、会社から課題図書をもらって読むようにして、自分とは違う視点から選んでもらった本を読むようになって、かなり関心の範囲が広がりました。関心の範囲が広がったどころか、発想や思考法も短期間でかなり変化してきたように思います。


それを周りの人が感じてくれていれば、その変化は本物だと思います。  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)

2007年12月01日

営業という仕事に感じる価値

原田です。


営業という仕事から得られる経験は本当に尊いものだということを、最近実感しています。

お客様のご支援をする機会をいただくために、毎日何社ものお客様からお時間をいただいています。


もちろん、時間をいただけるのは、自分が原田俊一郎という人間だからではなく、ナレッジネットワークという会社の営業担当者だからです。


営業担当者だからこそ、会社の顔としてお客様のお時間をいただけます。そして、お客様に当社の価値を感じていただければ、何度かご面談の機会を経て、ご支援の機会をいただけます。


ご支援の機会をいただくということは、もちろん、お客様がこれから更にご活躍いただくために当社から様々なサービスを提供するということではありますが、方や、当社がお客様から仕事をもらうということで、当社が生かされる機会をいただくということでもあります。


そんな貴重な機会を創り出す仕事が営業という仕事だと、自分は思います。
しかしながら、はたしてその貴重な時間に見合う、価値のある時間を自分は創り出すことができているかと問いただしてみると、まだまだ自信を持って、「はい」とは言えません。もちろん、最初からすぐに貴重な時間を提供できるほど世の中は甘くはないです。ただ、そういった時間を創り出してこそ、一人前の営業担当者になれたということになるのではないかと思います。


今月も新たに42人の方とお会いする機会をいただきました。


一人でも多くの方に、価値のある時間を提供できるように、日々学び、成長していこうと思います。   


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)