2009年11月15日

自分に厳しい人の強さ

昨日、映画「沈まぬ太陽」を見てきました。

予告どおり、まさに『魂が、震える』作品だと思います。

キャストがベテランの方ばかりだということもあり、随分感情移入してしまいました。

特に、渡辺謙演じる“恩地元”という人物には心を動かされました。

自分に厳しく、ぶれることのない信念を持って生きる。

周りからの風当たりも強く、人一倍厳しい状況に何度も追い込まれますが、
いつまでも頼り続けられる人物とは、こういった人なんだと思います。

それを確信させる物語になっています。

お金に目がくらんだ人、自分の立場を守ることだけに必死な人、人の強さに嫉妬した人、自分の弱さに負けた人・・・
そういった自身の甘えから抜けられない人はどこかでその化けの皮が剥がされる。
人よりも責任のある立場にいる人ならなお更そうだと。

そんな周りのキャストの役柄と照らし合わせて見ることができるから、自分に厳しい人の強さがはっきりと現れる。
そんな作品でした。


同じカテゴリー(気づき)の記事
 強い意思で自分の甘さに勝つ (2009-12-01 23:02)
 できるかできないかではなく、やるかやらないか (2009-11-30 19:53)
 最も近くにあって、もっとも見る機会が少ない (2009-11-09 20:36)
 存在感を実感する瞬間 (2009-10-29 22:53)
 アイディアの土台には論理的な思考がある。 (2009-10-26 19:24)
 創る側に周る (2009-10-17 18:27)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。