2009年10月26日

アイディアの土台には論理的な思考がある。

週末、スタジオジブリの作品にたくさんの楽曲を提供している久石譲さんの言葉で非常に関心を引く言葉がありました。



『作曲には、論理的な思考と感覚的なひらめきを要する。そのうち95%くらいは、実は論理的な思考なのではないか。つまり、その論理性に基づいて思考していけば、あるレベルに達するものはいつでもできるはずだということになる。』



弊社も、仕事の中で制作物をつくる機会がよくあるのですが、やはりクリエイターの方によってレベルがあります。

クリエイターの方はスキルと言っても言葉では説明しきれない部分がたくさんありますが、いいものを創る方は、やはり一定の評価をもらえる制作物を必ずと言っていいほどつくり続けてくれます。

ただ、どんな方にも共通して言えるのは、専門分野についてよく勉強されている。しっかりとした知識を持ち、現在も取り続け、それを整理して人に説明できる土台があります。

そのしっかりとした土台から搾り出してきた企画であるからこそ、納得性も高く、評価を得ることのできる企画になるのだと思います。

アイディアの土台には論理的な思考がある。

何かを創り出す仕事の割合が増える今からの時代には、必要な考え方だと思います。


タグ :論理的思考

同じカテゴリー(気づき)の記事
 強い意思で自分の甘さに勝つ (2009-12-01 23:02)
 できるかできないかではなく、やるかやらないか (2009-11-30 19:53)
 自分に厳しい人の強さ (2009-11-15 12:42)
 最も近くにあって、もっとも見る機会が少ない (2009-11-09 20:36)
 存在感を実感する瞬間 (2009-10-29 22:53)
 創る側に周る (2009-10-17 18:27)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。