2009年09月08日

“何を選んだか”ではなく“なぜ選んだか”

今日、お客様と社内のキャリア教育について話をしていた時に、こんな印象的な言葉をもらいました。



人がなかなかやらない“マイノリティーなこと”を選んだ時には「選択した」という自覚がありますが、

“マジョリティーなこと”を選んだときであっても「選択した」という自覚を持てるといいですね。



と。。。

なかなか難しい事ですが、意識して選んだものであれば、それが大衆派であろうが少数派であろうが関係はないように思います。重要なのは、“何を選んだか”ではなく“なぜ選んだか”ですね。

これを積み重ねていけば、やってきた事が特異なものであろうがなかろうが、就職も、入社後のキャリア構築も困らないように思います。



同じカテゴリー(気づき)の記事
 強い意思で自分の甘さに勝つ (2009-12-01 23:02)
 できるかできないかではなく、やるかやらないか (2009-11-30 19:53)
 自分に厳しい人の強さ (2009-11-15 12:42)
 最も近くにあって、もっとも見る機会が少ない (2009-11-09 20:36)
 存在感を実感する瞬間 (2009-10-29 22:53)
 アイディアの土台には論理的な思考がある。 (2009-10-26 19:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。