2009年07月29日

若者の変化 ~仕事をするということ~

公私含め、年齢の違う方々と仕事の話をしていると、自分も含め、若手社員やこれから入社してくる
大学生との「仕事をすること」への考え方は大きく変化してきているのを感じます。

例えば、「大学を卒業したら就職する」ことに対する考え方。

現在社会問題にもなっている雇用保険制度を見ると顕著ですが、少し前では、
非正規雇用者が失業することへのサポートは想定されていませんでした。
なぜなら、非正規雇用者は主婦や学生が多かったから。つまり、主婦や学生以外の
人は正規社員がほとんどで、もちろん「学生」を卒業したら、就職する=正規社員になる
ということが世の常であったから。

しかし、正規社員でなく、アルバイトやパートでも十分に生活をしていけるインフラが整った昨今では、
若者の「就職する」ということに対する考え方は、比率的には大きいものの、選択肢の一つという認識でしかありません。


では、この「就職する」ということに対する考え方の違いが、どんな変化を生んでいるか。

例えば、仕事へのモチベーション喚起の方法。

学生を卒業したら、就職する=正規社員になるということに生き方が絞られていた時代背景では、
「何とか仕事で結果を出していかないとけない、いくしかない」と多くの人が考えていました。
もちろん意欲の大きさには個人差がありますが、認識している課題は共通しているものが多かったのではないかと思います。

だから、集合型で、一人がたくさんの人に向かって、「人生が充実するかどうかは仕事で決まる!」なんていうメッセージを出してモチベーション喚起をしても、十分に効果がありました。


しかしながら、昨今の「就職する」ということが選択肢の一つでしかないという世代では、
「何とか仕事で結果を出していかないとけない、いくしかない」といった考え方をしている人は明らかに減っています。

上記に比例して、集合型で、「人生が充実するかどうかは仕事で決まる!」というメッセージを出してモチベーション喚起をしても、効果が出る人は減ってしまいます。

だからこそ、それをカバーする形で、メンター制やトレーナー制といった個別教育の制度を敷く企業が増えてきました。
“個別教育”と聞くと、過保護のようなイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、ここまで記載した文章を
背景としてみると、“個別教育”という対応は“価値観の多様化”への対応といった社会環境の変化への対応制度とも
言えます。

すると、昨今世間で問題視されている「若者の就労意識の低さ」は、若者からすると「当たり前」でしかなく、そもそも問題視されている意味がわからないのかもしれません。


Posted by KNブログ at 22:53│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。