2009年07月26日

本質的な部分で理解しあう

自分自身が人から学ぶ身でありながら、“教育”という機会をお客様に提供する仕事を繰り返す中で、一つ、自分自身の中で確信していることがあります。

それは、会社の本当の魅力は、その会社の持つ習慣に表れるということ。
ホームページに書かれている理念や文言よりも、習慣です。
例えば、

・どんな方が電話に出ても、気持ちよく受け答えしてくれる
・受付に行けば、気づいた人から必ず挨拶をしてくれる
・少し無理なお願いをしても、必ず一生懸命対応してくれる
・お願いに対して返事をくれる   etc

といったものが上げられます。そして、この“習慣”という部分に目を向けると、規模の大小や売上の大小、
また本社所在地がどこにあるかに関わらず、優良企業と呼べる会社を見つけることができます。

これは会社という組織に関わらず、個々人を見るときも同様です。
もちろん自分自身もそういう目でお客様から見られているのだと思います。

ただ、習慣には良いものと悪いものがあります。
そしてどんな会社も、どんな個人もこの両者を持ち合わせています。

その両者をお客様と理解し合い、認め合った時に初めて、教育という会社にとって重要な部分での
お手伝いをさせてもらっているのだと思います。

そしてこれは、採用活動、学生の皆さんにとっての就職活動でも同様ではないかと思います。
お互いが魅せ合うのではなく、本質的な部分で理解し合う。
それがうまく成立した時に、いい採用といい就職が実現できるのではないかと。

こういったことを前提とすると、現在の“面接”という、一方的な質問に学生の皆さんが回答していくというスタイルの
選考よりも、もっといいやり方があるのではないかと考えます。

“育成採用”という新しい概念を構築していくためには、この、これまでにないやり方を追求していく必要があるのではないかと
思っています。



Posted by KNブログ at 17:51│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。