2008年03月16日

事業の可能性と価値は無限

原田です。

今回は以下の書籍を読みました。
「モチベーションエンジニアリング経営」
著者:小笹芳央氏+勝呂 彰氏



本書では、モチベーションという一つの切り口から、組織改善をするアプローチ方法や事例を紹介しています。もちろんその手法も目を引くのですが、本書を読んで自分がもっとも目を引いたのは、その手法を使って目指すゴールの無限の可能性です。

それは序章にその要点が集約されているのですが、これからの時代は、有限である経済的報酬ではなく、無限である非経済的報酬の経済へ転換していくということ。そしてこの転換ができたところが、経済で勝ち残っていくということです。

お金や地位などは有限であるから、分け合うことしかできません。しかし、自己の成長や社会貢献よる精神的な充足は無限であることから、相互に構築すればどこまでも広がっていきます。ゼロサムゲームではなく、非ゼロサムゲームのようなもの。

そんな中で当社は、人や組織の成長をサポートすることを事業としています。
ということは、事業の可能性と価値は無限です。

ただし、無限に広がり続ける条件は、「成長をし続ける」ということ。
何か、生きることそのもののような事業です。

あらためて、自社の事業を誇りに思える機会になりました。



Posted by KNブログ at 09:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。