2008年06月16日

自分の身につけてきたものへの確信

原田です。

自分が身につけてきた力は、間違っていない。
そう確信できる本を読みました。

「仕事のための12の基礎力 ~「キャリア」と「能力」の育て方~ 」
著者:大久保 幸夫 市



適切で且つ、理解し易い表現に噛み砕いて書かれている本書は、自分の学んできた事、つけてきた力が間違いないことを証明してくれています。

また、それは同時に当社が社会に対して提供している事が正しいことであるということも証明してくれています。


すごい速さで状況が変化していく今の時代では、組織にも一個人にも、次から次へと『問題』が発生します。

もちろん、発生する個々の『問題』それぞれを解決するための能力をつけることも大切な事ですが、

最も大切なのは、『問題』が発生した時に、それを解決すべき『課題』として、成長の機会として肯定的に捉え、その『課題』解決のプロセスで、結果で学ぶ力。

その『学ぶ力』を噛み砕いた本でもあると思います。


はたして自分はどれくらい『学ぶ力』があるのか。
まずは、調べてみます。



Posted by KNブログ at 09:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。