2008年08月19日

働くことは自分を知ること。

原田です。

「働くことは自分を知ることです。
人の倍働けば、人より半分の時間で自分が何者かを知ることができます。
三倍働けば、それが三分の一ですみます。
人生は自分が何者かを知ってからが、本当のスタートです。」

これは以下の書籍で紹介されていた、船井総合研究所の船井氏の言葉です。



仕事は、今現在の自分の生きている時間の多くの時間を占めています。
だから、自分をごまかし続けることはできません。

そして、仕事には必ず「結果」が伴いますので、ごまかしのない「素」の自分の「結果」が出ます。

それを繰り返すことで、自分が何者かということを知ることができます。
同時に、仕事で関わっている周りの人にも、自分が何者かということを知らせることになります。

このブログもしかり。誤魔化せません。



Posted by KNブログ at 09:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。