2008年09月03日

電信柱は必要か?

原田です。

バスの中から外を眺めている時に、ふと疑問に思ったことがあります。

「電信柱って本当に必要か?」

街中を走っているバスにのっていれば、どこに行っても同じように立っている電信柱。景観の中に溶け込んでいるので、普段は気にもしませんが、改めて電信柱の存在だけを見てみると、電線を高いところに配置する必要があるのかと疑問に思います。

地面付近に配置すると危険なのはわかりますが、地下に配線するのはできるんじゃないのかと思います。小さな電力ではありますが、家の中やオフィスではほとんどが下に配線しています。同じように外でも、地下に埋めてしまえば景観を害すことなく、危険も防ぐことができるのではないかと。。。

で、調べてみたのですが、

電線類地中化

メリットもありますが、一方で課題も多くの残っているようです。
既に行っているところもありますが、普及はしていないという状況です。

何となく気になって、調べてみたことですが、

つくづく実感します。

「人がやることには全て『理由』がある」

これがわかれば、興味が湧かないものなんてない気がします。



Posted by KNブログ at 09:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。