Posted by at

2009年10月08日

リアル(現実)に迫る情報を得る

仕事を始めて、もっと正確に言うと、営業という仕事を始めて、野次馬根性のようなものが強くなった気がします。

この言葉、あまりいい意味では使われていませんが、営業という仕事の上では重要な感覚の一つではないかと思います。

なぜそうなったかを少し考えてみたのですが、やはり自身の営業の仕事で、よりお客様にあった、お客様の求める核心に近いものをご提案しようとした際に、“現場を見る”という工程は欠かせないと感じているからだと思います。

なので、ここで言う“野次馬根性”とは、事件や事故を興味・関心で見に行くというよりも、よりリアル(現実)に迫る情報を得ようとする意識と言えるかもしれません。

分かりやすい例で言えば、旅行に行く際に事前に予約していたホテルや旅館で、実際に行ってみると「意外に良かった」や「期待していた程ではなかった」といった、予想と現実のギャップが生まれることがよくあります。

これは、インターネットや雑誌では得る事のできない情報が、現場にはたくさんあるからだと思います。

・インターネットで見ていた写真よりも、宿泊する部屋に清潔感があった
・接客してくれた人と会話が弾んだ
・雑誌で見た時は派手ではなかったけど、食事がすごく美味しかった

これは、営業活動においても同様の事が言えます。

また、営業活動だけではなく、就職活動や採用活動でもこういった事が起こります。


“百聞は一見にしかず”

とはよく言ったものだなと思います。“百聞”ではないですが、現場に行かずに情報を得る手段が増えた現在だからこそ、現場で得られる情報の重要性は増していくと思います。  


Posted by KNブログ at 20:01Comments(0)気づき