Posted by at

2009年09月08日

“何を選んだか”ではなく“なぜ選んだか”

今日、お客様と社内のキャリア教育について話をしていた時に、こんな印象的な言葉をもらいました。



人がなかなかやらない“マイノリティーなこと”を選んだ時には「選択した」という自覚がありますが、

“マジョリティーなこと”を選んだときであっても「選択した」という自覚を持てるといいですね。



と。。。

なかなか難しい事ですが、意識して選んだものであれば、それが大衆派であろうが少数派であろうが関係はないように思います。重要なのは、“何を選んだか”ではなく“なぜ選んだか”ですね。

これを積み重ねていけば、やってきた事が特異なものであろうがなかろうが、就職も、入社後のキャリア構築も困らないように思います。  


Posted by KNブログ at 22:38Comments(0)気づき