Posted by at

2009年02月01日

新しい風

原田です。

年が明けて早1ヵ月。

これから企業さんは、自社の会社説明会をどんどん開催してくる時期になります。

その説明会は、その会社の雰囲気を感じる最初のきっかけです。

明るい雰囲気、厳格な雰囲気、誇り高井・・・

と様々。では何故、そんな雰囲気がそれぞれに感じられるのか?

そういった場作りを行っているから。

その会社のスタッフの雰囲気が伝染します。

逆に言うと、そういったその会社独自の雰囲気が掴めなかったのなら、
もしかしたら、

これは、社会心理学でいう「限界質量」という考え方から来ています。

ある一定水準のラインを超えると、3割の人のやっていることや状態が、他の7割の人に伝染していきます。

しかしながら、その3割というラインを下回ると、その一部の人たちの状態は周りに飲み込まれてしまいます。

そこに、組織作りというのは、一緒。

新卒採用も一緒です。

新卒者に期待されていること、新卒者にしか持てない独特の雰囲気を会社に入れることで、「新しい風を入れる」といった表現をしますが、まさにその通りです。

それでは、自分はどんな風をそこに入れることができるのか?

これは一度考えてみる価値があると思います。
  


Posted by KNブログ at 00:00Comments(0)