Posted by at

2008年09月09日

過ごす時間の密度や精度を上げるクリエイティブな仕事

原田です。

できるだけ密度の高い時間を、先方にとって価値のある時間を提供する。そのために必要なスキルを磨き、そのために必要な準備を整える。

これが、今自分が考える「営業」という仕事。

過ごす時間の密度や精度を上げるって、こんなにクリエイティブな仕事はないと思っています。

また、働くことの目的である「傍を楽にするため」ということが、もっともわかりやすい形で見てとれるフィールドだとも感じています。   


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)