Posted by at

2008年08月30日

成果を出せないことなんてない時代

原田です。

「何か使えるものはないか?」
これは、仕事ができる人が習慣化している事が多い思考法だと思います。

今週は以下の書籍を読みました。
「ラクをしないと成果は出ない」
著者:日垣 隆 氏



「使えるものはないかと考えること」
「できることは何かないかと考えること」

そういった考えのもとに生まれたアイディアが集められた本書ですが、学ぶべきはその前段にある、上記のような考え方と、その考え方に至る前提だと思います。

つまり、「成果を出すためには」どうすればいいかと考えていること。

世の中には『便利なもの』、『価値あるもの』が溢れています。そしてその『便利なもの』『価値あるもの』を探す手段も、使う方法もたくさんある。

だとしたら、今の時代に生きている人が持つ課題で「できないこと」なんてほとんどありません。

『自分にはできない』と諦めたり、『難しい・・・』と行動することを止めたりするのは、極端な話、「やりたくない」と放棄している事に等しい。

と、いうことをわからせてくれる本でした。  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)