Posted by at

2008年06月22日

下から上を望み続ける

原田です。

最近の自分は、失敗しないやり方を選び、成長することを止めてはいないか。

そんな事を考えさせられる本を読みました。

「伝説の社員」になれ!
著者:土井 英司 氏


読む前に、題名から受けた印象よりもずっと地に足ついた内容でした。
このギャップが、より一層自分に対するメッセージ性を強くしました。


「穴を思いっきり深くし、そこにあえて飛び込み、もがく。」


「下から上を望む」という状況にあえて身を置く。

すると、仕事の中で起こっているどんな些細な事でも、自身の学びの場と変わる。

コピー取り一つでも、学ぶべきことはたくさんあると気づく。

いや、それはむしろ、「コピー取りができる」と思い込んでいた自分に気づく事かもしれない。   


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)