Posted by at

2008年06月18日

私の活動・近況>>何を持って仕事なのか

原田です。

自分に余裕がなくなると、仕事に対する姿勢や、仕事の出来が自分よがりのものになっている。

もう少し明確に言うなら、自分よがりでやった仕事と、周りへの配慮をした仕事にがあることに気づきました。

特に、目に見えて相手と接している時以外の仕事においてです。

社内、社外のどんな仕事の先にも、そこにはその仕事をする事で感謝してくれる相手がいます。

それを忘れて、目の前にあるモノを処理することだけに注力してしまえば、その結果は「仕事をした」という事にはなりません。

これまではわかっていたつもりだっただけで、、本当にわかってはいなかったようです。
  


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)