Posted by at

2008年03月30日

「積み上げられる経験」

原田です。

今週は下記の書籍を読みました。
「『へんな会社』のつくり方」
著書:株式会社はてな社長 近藤 淳也 氏




自分は本を読む前に、その本にどういったことが書かれているのか、どういったことを学べるのかを、目次や「はじめに」を読んで想定します。「学習範囲を想定する」と表現すべきでしょうか。

そして、その想定した学習範囲の中で、これまで知らなかった「穴」となっている知識の補充を行ったり、知っていても考えられなかった「深彫りした見方」を学んだり、あるいは、自分の想定した学習範囲を超える部分での学びを得ます。※↓イメージ図

これは、本を読んだ数が増えれば増えるほど、その範囲の設定が正確になってきます。また、学習部分(上記の、補充や、深堀の部分)の想定もできるようになってきます。

ちょっと前置きが長くなりましたが、本書に関してはこの「想定した学習範囲」とは全く異なる領域での学びを得ました。つまり、想定した学習範囲、学習部分、共にほとんど違っていたことになります。

これまで読んできたビジネス書とは大きく異なる視点や考え方を学んだように思います。

そしてそういった視点や考え方をもっている著書の近藤氏と自分を比較することで、誰でも分かるような事を自分は明確にわかっていなかったことに気づかされました。いや、もう少し正確に表現すると、見て見ぬふりをしていたことを思い知らされたように思います。


「力が積み上げられる『人と違った経験』と、積み上げられない『人と違った経験』」

自分は、「人と違った経験」をすることが好きです。そして、そういった経験をしたことを自信につなげています。ただ、その経験が自分の「力」として積みあがっているかというと、そうではありません。「力」と呼べるほど確実なものでなく、極端に言うと「話のネタ」くらいにしかならないものが多いです。

では「人と違った経験」も、確実に自分の「力」にしていくにはどうしたらいいのか。それは、明確な「計画」と、計画を最後までやり通す「実行力」です。
これも、図にしたものを見てもらった方がわかりやすいかもしれません。
※↓イメージ図



これは、どんな経験にも言えることだと思います。様々な経験をしても、それが中途半端に終わっているようであれば、積みあがっていかないと思います。

この積みあがっていっていない方が、今までの自分です。
何ができていないか、何ができるようになればいいか。
それがイメージとしてできあがりました。
あとは、やるだけ。   


Posted by KNブログ at 09:00Comments(0)