Posted by at

2007年10月14日

自分の立場

原田です。
今回は「自分の立場」について考えてみたいと思います。
最近の仕事の中での反省と、その原因は

[反省]自分が今どのような立場に立たされていて、それに対してどのように動かなくてはいけないかが分かっていない
[原因]自分が「こうするべきだ」「こうしたい」という主観的で一方的な考え方をしているから。

上記の通りです。

『自分は今、社会のなかにいて、そのなかの会社という組織に属していて、若手の営業担当者として働いている。まだまだ会社に貢献できていなくて、教えてもらうことばかりで、周りに手間をかけている。』

このように、自分が周りから見てどういった立場でどのような現状なのかという視点で物事をみれば、もっと周りに「配慮」して、もっとまわりに「謙虚」になるべきなのですが、「自分が」という「我(が)」が前に出る意識が強いと、状況が把握できずに、周りに迷惑をかける、不快感を与えるという結果に繋がってしまいます。

自分も学生の頃は、どこかで「歯車にはなりたくない」と思っていました。ただ、この見解はすごく視野が狭いものでした。社会の仕組みを知れば、どこか隔離された島に一人で暮らすというようなことがない限り、社会の中のどこかの「歯車」として生きていかなければなりません。まずは自身を「小さな一歯車」として機能することができるようになる。それができれば、その歯車はどんどん大きくしていくことができます。自身が一回転するだけで、たくさんの歯車が何回転も動かせるようになります。

まずは、歯車として機能できるようになる。周りからみた自分の立場を理解し、それに応じた行動をできるようになること。それができて初めて「社会人」になることができると思います。社会に出ておきながら社会人になれていない現状を反省し、がんばります。  


Posted by KNブログ at 09:10Comments(0)

2007年10月14日

書評:「続ける」技術

引き続き原田です。
今回は、
「続ける」技術
著書:石田 淳 氏




の書評を、自分の現状を踏まえながら書いてみたいと思います。


自分の現状といっても、本の題名通りで、自分は「続けること」ができません。
過去の自分の経験を振り返ってみても、この「続ける」ということが非常に弱かったということが明確です。


原因は?と言われても、「性格」としか言いようがない。という風に思っていたことが原因かもしれない。とこの本を読んで気付きました。どこかで自分は、「熱し易く冷めやすい性格」というキレイな言葉で流して、気にもとめてこなかったというのが現状です。どこかで諦めていたところもあったし、どこかで「続ける」ことができなくても何かを成すことができる。と考えていました。



ただ、最近わかってきたことは、「何かを成す」には「続けること」が必要だということです。世間で「流行」と言われる物事も、「流行」になる前にはずっと長い間の下積みがあります。どこかで誰かが、絶対に流行ると信じて「続けて」いたものが、ある拍子でふっと世の中に広まった時、それを「流行」と呼ぶだけです。当然その「流行」がきたことで胡坐をかいて「続ける」ことを辞めてしまえば、すぐに消えます。「流行」が来ても、絶えず努力を「続ける」ことができれば、流行が終わっても、世の中からなくなることはありません。


だから必要。最近それが身に染みてわかってきました。もう今からでは遅いのではないかと、自分自身でも思っていた部分はあったのですが、そんなことはありませんでした。これまで、「続ける」ために工夫をしたことなんてありませんでした。工夫しようとも思っていませんでした。必要性を感じていなかったから。本書は、「続ける」ための工夫が、「行動科学」という理論のもと、紹介されています。具体的には、やり方になるので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

まずはこれを使って、この「ブログ」を書くという行為を「続け」ます。(←※行動コミットメンという手法です)
  


Posted by KNブログ at 09:05Comments(0)